スポンサーサイト

--. --.--.  カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :

このページのトップへ

Fallout3 クリア&実績フルコンプ後レビュー

2009. 03.04.  カテゴリ: Xbox360 - Fallout 3
Fallout3_wallpaper_01.jpg

Fallout3、クリア&実績フルコンプしたので感想など。今回は未プレイの方でも読めるように原則ネタバレなしでいきます。

(関連リンク)
Fallout3 公式サイト
└ 「Fallout 3で、いよいよだぁ!」内キャラクター自慢大会にて入賞しちゃってます
Fallout3 プレイ日記一覧
└ 総プレイ時間約130時間のプレイの軌跡はこちらで/ネタバレ注意
Fallout3 サバイバルのススメ(攻略アドバイス)
└ 実際にプレイする際のちょっとしたアドバイスはこちら



初回プレイ時には正直ちょっととっつきにくかったものの、慣れてくるとあれよあれよという間にすっかりハマってしまいました。いや、総プレイ時間130時間はむしろ完全に中毒。言わばFalloutジャンキーです 笑

FFを8で投げて以来、DSなどのシンプルなRPGしかやっていなかった自分には、最初、広大なマップとその自由度ステータスの複雑さ(と言っても慣れると大して複雑でもない)に、すっかり圧倒されてしまい、何をすればいいのかわからず、正直戸惑いながらプレイをしていました。キャラクターはいちいちだらだらと喋りまくるし、名前や地名は覚えられないし、画面の左下に常に表示されているマーカーはわかりにくいです。
ですが、ある程度進めると、それがかなり調整されたゲームバランスであることがわかってきます。マップがいつも明確に表示されていたら、自由にフィールドを探索する醍醐味は薄れるし、NPCはNPCではあるけれどちゃんとこの世界で生きていて、だから無駄なおしゃべりもします。
その無駄なおしゃべりやラジオから聞こえてくる一見無関係に思える事柄から、様々な情報を自力で抜き出し、それを元に探索やクエストを進行させる、なんだか凄くリアルです。

基本的にはメインクエストと呼ばれる、ストーリーの主軸となるクエストを進めつつ、サブクエスト(メインストーリーに関係ないクエスト)を進めるといった進め方になります。メインクエストだけ進めてしまうと、あっという間に終わってしまうと思うので、メインクエストをある程度進めたら、続きを知りたいのをぐっと堪えて、他のクエストにちょこちょこ手を出すことをおすすめします。フィールドは広大で、かなりの数のスポットやダンジョンがあり、メインクエストだけ進めているとその大半には立ち寄らずに終わってしまいます。思う存分堪能したかったら(ゲーム代の元をとってやりたいなら 笑)寄り道、放浪の精神が大切です。
そういう意味ではXbox360の実績システムはとてもマッチしていて、実績解除=更なる放浪へと導きます。また、実績解除なスポットはもちろん、クエストに関係ないような場所でも色々と面白い仕掛けが施されていて、適当に放浪していても全く飽きません。そういった細やかな仕掛けマニアックな演出が細部にまで散りばめられているという点は、本当に開発側のベセスダさんに脱帽しました。正直なところ、メインクエストだけ進めてしまってはもったいないです。

現在の目的地や目標をわかりやすく教えてくれ、ストーリー進行が一本道な和製RPG(と言っても最新の事情はわかりませんが。。)に慣れてしまっていると、最初はちょっととっつきにくいかもしれません。メインクエストとして一応メインのストーリーはあれど、いつでもそこから逸脱して好き勝手に放浪でき、逆にそこがこのゲームにより深みを持たせる重要な部分となっています。なので、まず基本として、「自分で考える」ことを念頭に置くのが大切です。「なんだか面白そうな噂を聞きつけたから、ちょっとそっち行ってみようか」というような、遊び心さえ忘れなければ、自然と次々にやりたいこと、やるべきことが見えてきます。
それでも現在進行中のクエストをPip-Boy(メニュー画面のようなもの)からアクティブにしていれば、次の目標は常に表示してくれるし、例外はあれど目的地はマップから確認できたりと、冷静に考えればかなり親切な仕様になっています。「自分で考える」ことの楽しみを見出せたら、一気にハマること受けあいです。
また、ちょっと見づらくてこれまた不便な感じむんむんのPip-Boyですが、フル活用することでかなり便利になりますので、最初見づらくてイラっとしても、我慢して慣れるまで使いまくりましょう。Pip-Boyを使いこなせたとき、あなたも立派なウェイストワンダラー!

核戦争後の荒廃した世界が舞台ということで、物資が非常に少なく、あらゆるものが放射能汚染されているのが特徴です。なので、序盤は物資やお金が全然なく、敵が出たら苦戦、という状況に陥りがちです。そこがまた最初のとっつきにくさの要因のひとつにもなっているのですが、慣れてくると大して問題にはなりません。むしろ終盤はお金は余るわ所持品は大量だわのセレブ状態に陥ります。この大量のcap(お金)をどうしろと・・・。

特に序盤は高価な回復アイテムですが、ベッドに寝ることで全回復するので、そのへんのベッドを周囲の敵を排除して利用することで、回復アイテムを使用せず進めることができます(自分はこのパターンで最後までほとんど回復アイテムを使わずプレイしました)。また、敵から剥ぎ取った武器や防具を売れば結構いいお金になるので、敵倒す→追い剥ぎ→雑貨屋で売る、を繰り返すと、自然と所持金や装備も充実してゆきます。
また、武器や防具にはコンディションがあり、使用したり敵に攻撃されたりするとコンディションが悪化してゆき、最後は装備できなくなります。逆にコンディションが高いと攻撃力や防御力も高くなり、お店でも高く売れるようになります。一つしかない武器や防具は自力では修理できませんが、お店で修理して貰うことが可能で、また、二つ以上ある武器や防具は組み合わせて(片方をバラして修理の素材に使うイメージ)自分で修理することができます。これを利用して、持ち切れないアイテムを整理することもできます。
放射能は水や食べ物に含まれていますが、よっぽどの大量摂取しない限りあまり関係ないです。なのであまり気にせずプレイして良いと思います。序盤はある程度たまってきてしまったら、街の医者RAD-アウェイで治療し、中盤以降は家の家具を購入すれば、いつでも回復できます。

また、戦闘時に一時停止し、ゆっくりと敵の部位を選択して攻撃できるV.A.T.S.システムは、基本RPGというプレイスタイルを維持しつつこのゲームの雰囲気を損なわない、とても優秀なシステムだと感じました。FPSやTPSっぽくも楽しめますが、FPSやTPSモードで攻撃しても補正がかかり、なかなか上手く攻撃できません。弾薬の消費も激しいです。なので、必然的にV.A.T.S.を多用することになります。戦闘時は、V.A.T.S.で攻撃し、次の攻撃までのAP(アクションポイント/V.A.T.S.時にこのポイントを消費して攻撃する、一定時間で回復)がたまるまでFPSのように退避、というのが基本になります。FPSのような緊張感を保ちつつ、RPGのようにコマンド攻撃的に操作でき、なおかつ臨場感は損なわない、しかもV.A.T.S.攻撃時の演出はなんともかっこいいです(自作したキャラクターの顔を堪能する唯一のタイミング!)

序盤に操作感や世界観にとっつきにくさを感じたり、物資の少なさや放射能汚染に不便さを感じるのは、ある意味そういった世界観を売りにしているこのゲームの宿命であり、逆にそれが他にはない味になっていると思います。そして、それにある程度馴染んだとき、どんどん面白みが出てきます。また、レトロフューチャーサイバーパンク的なテイストが好きならば、一気に魅了されてしまうでしょう。

また、ありがちなイベントムービーの挿入などは一切ありません。自分は結構そういったイベントムービーなんかの演出が好きなので、当初物足りなく感じましたが、自由=リアリティが売りのこのゲームで、もしイベントムービーが挿入されたら、逆にどっぷりとリアルに体感できるこの世界観を壊しかねないのではないかと感じたので、なくて正解だったと思っています。制作側から完璧につくり込まれたストーリーを与えられ、それを順を追って堪能するというようなゲームとは、根本から違うゲームなのです。

そして、特筆すべきはやっぱりラジオ。フルボイス吹き替えの醍醐味が味わえます。最初なんとなくBGM程度に流していたラジオが、よくよく聞いてみるとクエストのヒントになっていたり、逆に自分が関わったクエストに関して話していたりして、「ちょっと、自分、有名人?」な気分に(笑)。また、選曲も複数あるので、そのときの気分によって選曲を変えたり、はたまたラジオを切ってBGMのみでプレイしてみたりと、色々な雰囲気で飽きずに楽しめます。繰り返し流れる音楽が耳に残って離れなくなってしまうのは問題ですが(サントラ買えと?笑)。意外とラジオを切ったときのBGMもいいので、ときどきBGMでプレイするのもオススメします(雰囲気を味わいたいときなど)。

難点を挙げれば、いかんせんいくら慣れてもPip-Boyやターミナル(パソコンのようなもの)の文字が読みにくいこと。自分は37インチの液晶HDTVでプレイしていましたが、それでも読むのが少し大変でした。50年代アメリカが想像していたパラレル未来世界、という設定なので、こういったインターフェイスになってしまうのはゲームデザイン上仕方がないのでしょうが、ターミナルに面白い小ネタが隠されていることもあるので、もう少し読みやすかったら楽なのになあ、と思いました。
また、フリーズバグがかなり頻繁に発生します。自分はフリーズが計4回ほど起こりました。ロードし直すしかなかった場合が多かったので、セーブは比較的こまめに、分けてとっておいたほうが良さそうです。幸運なことにバグはありませんでしたが、攻略サイトなどには報告が上がっているので、そちらも注意が必要です。

最初は若干とっつきにくさを感じますが、慣れればそれも愛着へとつながります。普通のRPGに飽きてしまった方、ファンタジックな世界観が好みでない方、レトロフューチャーやサイバーパンクなテイストが好きな方、ブラックジョークがわかる方(笑)、ジャケットに載っているパワーアーマーが着たい方には間違いなくオススメです。また、Z指定ということで、規制のかかった国内版でも随所にエグい描写がありますので(肉片が転がっていたり等)、グロ描写が苦手な方は注意が必要です。
自分的には130時間も堪能しちゃったので、間違いなく大満足!でした。これでDLCも来るなんて・・・贅沢な!!

B0019JNTP4Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】

ベセスダ・ソフトワークス 2008-12-04
売り上げランキング : 261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
過去最大に元をとったゲーム(笑)この値段でこんだけ遊べればお得以外の何者でもない
「Fallout 3」カテゴリの最新記事:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

tag : ゲーム  レビュー  Xbox360  Fallout3  RPG  TPS  FPS  Z指定  SF 

このページのトップへ

COMMENT

コメントの投稿

コメントを投稿しようとすると「書き込み制限を受けています」と表示されて投稿できない件について
非公開コメント

このページのトップへ

TRACKBACK


このページのトップへ
GAME RSS
GOOGLE ADSENSE
RECENT ENTRY
GAMING DIARY
HOT ENTRY RANKING
CATEGORY
ARCHIVE
02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
COMMENT+TRACKBACK
CM<>+-
TB <> + -
FACEBOOK PAGE
NEWEST TAG
PROFILE
PICK UP ITEM
NOW PLAYING
コール オブ デューティ ブラックオプスII
SILENT HILL: DOWNPOUR
Borderlands 2
大神 絶景版
バイオハザード6
The Elder Scrolls V: Skyrim
COMING SOON & NEW

2013. 1.17.

DmC Devil May Cry

2013. 2.5.

Dead Space 3

2013. 2.12.

Aliens: Colonial Marines

2013. 2.21.

メタルギア ライジング リベンジェンス

2013. 3.7.

Crysis 3
Farcry 3

2013. 3.14.

God of War: Ascension

2013. 3.21.

Gears of War: Judgment

2013. 4.25.

Bioshock Infinite

2013.

Metro Last Light
地球防衛軍4
AMAZON BEST SELLER
AMAZON SEARCH
RAKUTEN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。