スポンサーサイト

--. --.--.  カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :

このページのトップへ

The Elder Scrolls V: Skyrim プレイ日記#27 創始者の角笛の行方とドラゴン復活の真相

2012. 09.01.  カテゴリ: Xbox360 - The Elder Scrolls V: Skyrim
120901skyrim_01.jpg
久々のメインクエスト

前回のプレイ日記「#26 ドーンスターの堕落のドクロ」
「The Elder Scrolls V: Skyrim」プレイ日記一覧

鍛冶スキルが100になりドラゴン装備が作成できるようになったので、さっそくドラゴンスケールの装備一式を作成、着替えてみました。今まで使い道もなくただ重いだけだったドラゴンの骨と鱗が、ようやく日の目を浴びることができました。ドラゴンさえ倒していれば原料がほぼタダなのもいいね!

元々軽装メインではありましたが、今まで主にビジュアル的な理由から敬遠していた鎧系。しかしドラゴンスケールの鎧はちょっとダークな雰囲気のせいかそこまで気にならず、性能も抜群なのでかなり気に入っております(打ちつ打たれつのゴリ押し戦闘がメインなので)。なんだかようやく主人公らしくなった気がする・・・。

未プレイの方はネタバレ注意



随分前にハイ・フロスガーのグレイビアードたちからドラゴンボーンの試練として受けていたクエスト「創始者の角笛」。ほとんど忘れかけておりましたが、今回は久々にメインクエストを進めてみようとそちらに着手。

120901skyrim_02.jpg
ハイヤルマーチの埋葬塚、ウステングラブから角笛を取ってくるのが今回のお題

ウステングラブはドーンスターの西。もっと近くに発見済みのマップポイントもありますが、探索も兼ねてわざと遠回りして向かってみることに。


120901skyrim_03.jpg
何かあれば基本は寄り道

ウィンドワード遺跡はただのスキーヴァーの根城と化した小さな遺跡。大したことない宝箱があるのみ。


何やら建造物の屋根が見えたので近寄ってみたら、かなり大規模な遺跡ムジンチャレフトを発見。

120901skyrim_04.jpg
崩れかけた巨大遺跡はなかなか圧巻

たむろする山賊を片づけて簡単に漁っていると、「ムジンチャレフトの作業命令」というメモを発見。どうやら秘宝を運び出そうとしていた発掘隊のもののよう。秘宝という言葉にかなり心くすぐられますが、ひとまず後回しにして先を急ごう。

120901skyrim_05.jpg
ここを探索するとなるとかなり時間がかかりそう


更に雪深い街道をてくてく歩いていると、盗賊なる輩にいきなり恐喝され。威圧して追い払おうとするも「全然怖くないぞ」と襲いかかってきたので、仕方なく返り討ちにして身ぐるみ剥いで差し上げました。

120901skyrim_06.jpg
威圧が効かなかったのが謎なぐらいあっけない盗賊の最期


その後も帝国軍野営地やストームクローク野営地などを経由し、道を間違えて来たほうに戻るなど方向音痴全開プレイを満喫しつつもようやくウステングラブに到着。ちなみにこの間に、場所を100か所発見する実績「探検家」が解除されました。まだ全然探索し尽くしてない気がするのに・・・なんともあっけない。

120901skyrim_07.jpg
薄暗い湿地帯の中ほどにあるウステングラブ

内部は霊廟なだけあってイスグラモルの墓などと似たような雰囲気。入ってすぐの辺りでは死霊魔術師と山賊が勝手に殺し合ってたりしますが、奥へ進むとドラウグルやスケルトン一色に。

120901skyrim_08.jpg
骸骨剣士っぽくてお気に入りなスケルトン。難点はもっと戯れたいのにすぐバラバラになるところ

120901skyrim_09.jpg
霊廟らしい内部

更に進んでウステングラブの深部へ。ここまで来ると今までの雰囲気と一転、巨大な洞窟内部へ降りて行くことになります。さすがグレイビアードの創始者の霊廟というか、かなり古く、相当な規模があるようです。

120901skyrim_10.jpg
広すぎて迷子になりかけた

洞窟の突き当りにある滝の脇にドラゴン言語の石板を発見。シャウト「幽体 - 霊体化」を獲得。一定時間透明化しこちらから攻撃するまで無敵になれるシャウトのよう。こういった補助系シャウトは何でも便利なのでありがたい。

120901skyrim_11.jpg
滝の裏にはドラウグルつき宝箱もあります

炎トラップに突っ込み勝手に燃えているヴィルカスさんを眺めつつ、更に進んだところに怪しい3つの石碑と鉄格子。鉄格子は3重になっており、各石碑の前を通過すると開く仕組みのよう。そういえばグレイビアードが「シャウトの力を使わないと角笛は手に入れることができない」みたいなことを言ってたっけ。どう見てもここがその場面。そして、この仕組みには「旋風の疾走」しかないでしょう!いざシャウトを装備し、慎重に狙いを定めてダッシュ!

120901skyrim_12.jpg
と思ったら思いっきり道を塞ぐヴィルカスさん。頼むからどいてくれ

最後の難関、邪魔な従者をどかして無事鉄格子を通過。てか従者は来れるのかな、と思いきや、普通に格子を開けてついて来ました。こちらが一度通り抜けてしまえば問題ないようです。

その先は踏むと炎が噴き出すトラップ床だらけ。どうやって進めばいいのかよくわからないので、回復魔法を使いながら、なるべく岩場などトラップ床のない場所を選んでジャンプして、ゴリ押しで通過。

120901skyrim_13.jpg
おまけに蜘蛛まで居座ってやがる

最深部とおぼしき広場へ到達すると、水中から巨大な石像が起き上がるご大層な仕掛けが発動。通り抜ける際に石像がビーム発してくるトラップとかじゃないだろうな、とビクビクしながら中央の通路を通過し(何かの映画でそういうシーンがあった)、祭壇へ。遠かった!かなり遠かったよ角笛まで。

120901skyrim_14.jpg
この先の祭壇にようやく角笛が

と思ったら、祭壇に角笛の姿はなく、代わりに「奇妙なメモ」が。メモを読む限り、角笛は、ドラゴンボーンである自分が来ることを見越した何者かが持ち去ったあとのよう。せっかく苦労してこんな広くて迷子になるダンジョンをここまで来たのに!かかった労力返せ!




メモには「リバーウッドの宿屋スリーピング・ジャイアントの屋根裏部屋で会おう」とあったので、仕方なくリバーウッドへ向かいます。それにしてもこの手の呼び出しにはあまり相応しくないような、随分とのどかな町を指定したもんだ。

120901skyrim_15.jpg
あれ・・・

さっそく宿屋の女主人デルフィンに「屋根裏部屋いっちょう!」と頼んでみるも、「ここには屋根裏部屋はないの」と申し訳なさそうな声。確かに見回してみる限り、構造的にもそんな空間はありそうにありません。こんなんで角笛取り戻せるのか、大丈夫かよ、と不安になりつつも、代わりに左側の部屋を貸すというお言葉に甘えてその部屋へ。

120901skyrim_16.jpg
なんと

部屋に入ってすぐ入って来たのはなんと宿屋の女主人デルフィンその人。角笛を返して欲しければ話を聞いて、というデルフィンの後について行くと、別の部屋のタンスを開けてその向こうの隠し部屋へ。宿屋の主人が角笛泥棒の犯人だっただけでも驚きなのに、かなり綿密に隠された正体に驚愕。いったいこの人は何者なんだ・・・某諜報部のエージェントか。そしてクエスト「闇に眠る刀剣」開始。

120901skyrim_17.jpg
しゃあしゃあと「私も何の罪もない宿屋の主人のふりをするのが上手くなってきたみたいね」と言い放つデルフィン

デルフィンの正体について問い詰めても、サルモールに追われている一団の1人であること以外はまだよくわからず、こちらがドラゴンボーンであることを証明できたら教えるとのこと。角笛を取りに来ただけではまだ完璧な信用を得ることはできないようです。仕方ない。

デルフィンは何故突然ドラゴンが現れたのかを調べているようで、なんとドラゴンは自然発生したのではなく、何世紀も前に全滅したものが蘇っているのだそう。そのことはドラゴンの埋葬塚が空だったことから確信したそうで、その埋葬塚の地図こそ自分がブリーク・フォール墓地から持ち帰ったドラゴンストーンだったというからまたもやびっくり。あの意味不明な石はそんな内容だったのね。ていうかあの石はファレンガーに渡したはずなんだけど・・・もしかして盗み出したのか?

カイネスグローブの近くにあるドラゴンの埋葬場所に一緒に行って、ドラゴンを仕留めたらドラゴンボーンであると信用すると言うデルフィン。じゃあさっそく行こうじゃないの、と出掛けることにします。

120901skyrim_18.jpg
旅用の装備に着替えて準備万端な宿屋の主人の夜の顔




その前にうっかり忘れそうになっていた、デルフィンから無事返してもらったユルゲン・ウィンドコーラーの角笛をハイ・フロスガーまでお届け。アーンゲールに角笛を返し、ウルフガーからシャウト「揺るぎ無き力」の最後の言葉を習得して実績「力の言葉」が解除。

120901skyrim_19.jpg
トシコシダー習得

続いてグレイビアードのじじい4人衆からドラゴンボーンを歓迎する言葉だとかいうシャウトの嵐を浴び、ケロッとしているところを確認されて無事試練は終了。アーンゲールからは他のシャウトの場所を探す「力の言葉を見つける」というミニクエストを受けることができます。こうして無事クエスト「創始者の角笛」完了。開始してからずっと放置していた割に終わるのはあっけなかった・・・まあ別件が思いっきり同時進行中ではありますが。

ところでずっと楽しみにしていた、ちょっと時代遅れ感も漂うトシコシダーですが、ヴィルカスさんが吹っ飛ぼうとじじいが転ぼうと何度も試してみたのに、全く「トシコシダー!」には聞こえず愕然。女キャラだと発音的に無理なのでしょうか・・・これが一番の楽しみだったのに・・・。

120901skyrim_20.jpg
「揺るぎ無き力」を3段階全部使うと聞こえるという伝説の空耳、それが「トシコシダー」である




角笛も無事渡したことだし、カイネスグローブで待たせているであろうデルフィンの元へ。カイネスグローブはリバーサイド小屋から東北東へすぐ。

120901skyrim_21.jpg
カイネスグローブ近くまで来るとドラゴンが!と動揺した住民が。わかったから背後に立つな

カイネスグローブは、宿屋が一軒ある以外は大したものもなさそうな小さな町。暗くて雪が降っているせいか余計さびれて見えます。前回のドーンスターと言い、最近さびれた町に縁がある気がするのは何故。

クエストマーカーに従って、宿屋の裏の岩山へ。先ほどから上空を旋回していたドラゴンの下、怪しげな竜巻のようなものが巻き起こり、どうやらそこが例のドラゴンの埋葬場所のよう。

120901skyrim_22.jpg
岩陰で様子を伺うデルフィン発見

デルフィンと一緒に物陰から見守っていると、空を飛ぶ黒いドラゴンが発する呪文のようなものに合わせて墓からドラゴンの骨が復活、それだけでも唖然とするのに骨だけの体には見る見る間に肉がつき、完全復活を遂げたドラゴンはあっけなく空へ。

ドラゴンはドラゴンが復活させていた、ということがわかったところで、デルフィンにドラゴンボーンであることを証明するためにも、今復活したばかりのドラゴン、サーロクニルを倒さなければいけません。問題の黒いドラゴンはその間にどこかへ飛び去ってしまいましたが、2頭を同時に相手にするのはなかなか厳しいので逆に安心したり。

120901skyrim_23.jpg
名付きとはいえその他大勢のドラゴンとそんなに変わらず、さくっと始末完了

120901skyrim_24.jpg
蘇ったばかりですぐ殺される、かわいそうなサーロクニル

ドラゴンソウルを吸収してドラゴンボーンである証拠を見せつけると、ようやくデルフィンは自分の正体を話す気になったよう。なんと・・・デルフィンはブレイズの一員だと言うのです!

120901skyrim_25.jpg
ようやくわかった謎の正体

・・・とは言ってみたものの、前作をプレイしていない自分には全くピンと来ないブレイズという単語。ていうかブレイズって何?

そこでデルフィンに聞いてみたところ、ブレイズとは太古のドラゴンスレイヤーの一団のことで、そのことから皇帝自身がドラゴンボーンであった時代には皇帝に仕えタムリエル全土に名が知れ渡るような存在だったそう。そしてアルドメリ自治領が公に攻めてくる大戦以前から、サルモールをタムリエル最大の脅威だと考えていたグランド・マスターの意志によって、人知れずサルモールと渡り合っていた過去を持つようです。だからサルモールから執拗に追われているわけだ。

しかしそんなブレイズもサルモールに追いやられ数を減らし、ドラゴンスレイヤーとしての本来の目的を失いながら細々と生き永らえていたところへ今回のドラゴン襲撃騒動が発生、いざ出番到来と水を得た魚の如く活動を再開。そこでブレイズが真っ先に接触を試みたのが次期ドラゴンボーンな自分だったというわけで、全てが納得。

デルフィンは今回のドラゴン騒動で得をするのはサルモールしかいないという理由から、サルモールを黒幕だと疑っているよう。サルモール大使館に侵入するプランを練るということで、いったんリバーウッドへ引き上げることとなり、クエスト「闇に眠る刀剣」完了、続いて「外交特権」開始です。

120901skyrim_26.jpg
ドラゴン古墳跡には掘り起こされた土が残るのみ。上に乗ったら宙に浮いてた


クエストの続きが気になるものの、この場所はそう、ストームクロークの本拠地、ウィンドヘルムの目と鼻の先。
せっかくだから、寄って行かない手はないのです。

120901skyrim_27.jpg
次回はあそこへ行ってみる


次のプレイ日記「#28 ウィンドヘルムでウルフリックと対面」



【現在のステータス】

難易度:Normal
総プレイ時間:82時間16分

ノルド / 女 / レベル37
マジカ:260 体力:200 スタミナ:200
※補正値込み

コンパニオン:ヴィルカス

よく使う武器:
碧水晶のメイス(伝説的)(6秒以内魂縛)
碧水晶の弓(伝説的)(6秒以内魂縛)
ドワーフの矢
サングインのバラ

よく使う魔法:
治癒の光、ストーンフレッシュ、炎の精霊召喚
灯明、灯火、挑発

装備:
ドラゴンスケールの鎧(伝説的)(マジカ回復35%UP)
ドラゴンスケールの篭手(伝説的)(片手武器ダメージ28%UP)
ドラゴンスケールのブーツ(伝説的)
ドラゴンスケールの兜(伝説的)
ダイヤモンドの金の首飾り(魔法耐性13%UP)
補填の指輪(マジカ回復速度40%UP)
ドラゴンスケールの盾(伝説的)(魔法耐性14%UP)




「The Elder Scrolls V: Skyrim」カテゴリの最新記事:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

tag : ゲーム  Xbox360  PS3  Skyrim  RPG  ファンタジー  プレイ日記  Z指定 

このページのトップへ

COMMENT

相互リンクの件

この度は、貴サイトとの相互リンクをお願いしたく、
以下の通り情報をお送りしますので、ご検討の程よろしくお願い致します。

○当サイトの名称
 Wii&WiiUおすすめゲームソフト集

○当サイトのURL
 http://wiiuch.com/

○当サイトにおける貴サイトのリンクページのURL
 http://wiiuch.com/contents/contact/link.html

相互リンクのご依頼ありがとうございます。
リンクに追加させて頂きましたので、お時間のあるときにご確認頂ければと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントを投稿しようとすると「書き込み制限を受けています」と表示されて投稿できない件について
非公開コメント

このページのトップへ

TRACKBACK


このページのトップへ
GAME RSS
GOOGLE ADSENSE
RECENT ENTRY
GAMING DIARY
HOT ENTRY RANKING
CATEGORY
ARCHIVE
02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
COMMENT+TRACKBACK
CM<>+-
TB <> + -
FACEBOOK PAGE
NEWEST TAG
PROFILE
PICK UP ITEM
NOW PLAYING
コール オブ デューティ ブラックオプスII
SILENT HILL: DOWNPOUR
Borderlands 2
大神 絶景版
バイオハザード6
The Elder Scrolls V: Skyrim
COMING SOON & NEW

2013. 1.17.

DmC Devil May Cry

2013. 2.5.

Dead Space 3

2013. 2.12.

Aliens: Colonial Marines

2013. 2.21.

メタルギア ライジング リベンジェンス

2013. 3.7.

Crysis 3
Farcry 3

2013. 3.14.

God of War: Ascension

2013. 3.21.

Gears of War: Judgment

2013. 4.25.

Bioshock Infinite

2013.

Metro Last Light
地球防衛軍4
AMAZON BEST SELLER
AMAZON SEARCH
RAKUTEN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。