スポンサーサイト

--. --.--.  カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :

このページのトップへ

The Elder Scrolls V: Skyrim プレイ日記#8 イヴァルステッドへの道のりは墓荒らしとトロールと猫パンチ

2012. 01.09.  カテゴリ: Xbox360 - The Elder Scrolls V: Skyrim
120109_skyrim_01.jpg
そろそろ勇者として旅立つか

前回のプレイ日記「#7 盗賊狩って大改造!ビフォーアフター」
「The Elder Scrolls V: Skyrim」プレイ日記一覧

そろそろホワイトラン周辺でぶらぶらするのにも飽きてきたので、今回は、メインクエストを進めるため、イヴァルステッドを目指してみます。とは言っても、相変わらず寄り道だけでおなかいっぱいなんですが。
それにしても、少し足を伸ばしただけで、平野や林道、深い森や渓流など、変化に富んだ大自然がお出迎えしてくれるところはやっぱり凄い。スカイリム絶景100選なんていう本があってもおかしくないぐらいです。どこかに落ちてないかな・・・そしたら絶景巡りするのに。

未プレイの方はネタバレ注意



クエスト「戦闘中行方不明」で、アヴルスタイン・グレイ・メーンに頼まれた、兄弟のソラルドの居場所の手掛かりを探ろうと、バトル・ボーン家の人々に聞き込みをしても収穫がないので、そんなときは最終手段の無断侵入。深夜にバトル・ボーン家に忍び込んでみることにしました。

120109_skyrim_02.jpg
念のためウスガルドさんは家の外で待機。街の真ん中で、どう見ても怪しすぎる2人組

クラン・バトル・ボーンの家の鍵は難易度素人。余裕で開錠し、侵入します。家人が寝静まっているのをいいことに、証拠を探しつつ置いてあるものを手当たり次第に失敬していたら、子供に見つかりました

120109_skyrim_03.jpg
子供は寝てる時間でしょ!

しかし、白字アイテムばかりだったので通報されることはなくひと安心。むしろ、教育のためを思うと通報すべきシチュエーションではありますが。
さらに探ると、奥に精鋭の扉があり、いかにも怪しい。鍵を開けて入ると、机の上に「帝国軍について」という本を発見。

120109_skyrim_04.jpg
これぞ動かぬ証拠

その本というかノートによると、ソラルドはサルモールの使者がノースウォッチ砦へ連れて行ったとか。サルモールって、えーと、前回路上で襲ってきたから返り討ちにしてエルフ装備を頂いた、帝国軍の魔法使い軍団だっけか(たぶん違う)。

さっそくアヴルスタイン・グレイ・メーンに証拠ノートを渡すと、サルモールが相手とは、思ったより悪い状況だ、と嘆きます。そんなに厄介な相手なのでしょうか。確かに装備はリッチだったけど。しかし、兄弟を助けるためノースウォッチ砦を襲撃するといきり立ち、手伝ってくれと頼まれます。

120109_skyrim_05.jpg
人に頼みごとをしながら物を食べないでください

迷いましたが、引き受けると、それではノースウォッチ砦の前で会おう、とのこと。ところでノースウォッチ砦ってどこですが、と地図を見たら、とんでもなく遠い北の外れ。こんな遠くまで行くのめんどいんですけど・・・というわけで、ひとまず保留に。



ホワイトラン近辺のゴタゴタもだいぶ減ってきたようなので、そろそろメインクエストでも進めるか、と、クエスト「声の道」の目的地、イヴァルステッドを目指してみることにします。前回、アムレン家の剣を取り戻しに行ったヴァルトヘイム・タワーまでファストトラベルし、そこから山を回りこむように南下することに。


道中でダークシェイドという川辺の洞窟を発見。周囲には死体や人骨が転がっており、明らかにヤバい雰囲気ですが、入り口近くに金の鉱脈を発見。思わず金に目がくらみ、金鉱脈目当てで探索してみることに。

120109_skyrim_06.jpg
パッと見のどかなダークシェイドの入り口

内部も人骨だらけで、これは明らかに盗賊なんかの仕業ではなさそう。しかも、ヤバげな鼻息のようなものが聞こえてきて、恐る恐る覗くと、トロールが!これが噂の・・・初めて遭遇しました。

120109_skyrim_07.jpg
想像していたより小ぶりなサイズのトロール

どうやらここ、一時は金鉱山で栄えていたものの、トロールに襲撃されて全滅した跡地のよう。至るところにトロールがいるので注意しながら、散乱している物資や、金鉱脈を掘りつつ探索します。
トロールは一体ずつしか遭遇しないうえ、何かの本で読んだとおり炎に弱いらしく、炎符呪武器や火炎の魔法を使えば、思ったより大したことありません。ウスガルドさんもいるし。なんだ、ビビリ損だったな。

120109_skyrim_08.jpg
鉱山には水が不可欠なのか。幻想的な洞窟内部

突き当たりの宝箱で、エルフの開錠術の腕当て(優)などをゲットし、外に出ます。こうやって一度探索し尽くしたダンジョンは、マップに「クリアしました」と出るのでわかりやすい。ダンジョンのクリア数実績もあるので、見つけたらチマチマ探索しておくのが良さそう。



外に出て再びてくてく歩いていると、雇いの悪漢とかいうガラの悪そうな集団に遭遇。いきなり襲ってくるので返り討ちにしてやり荷物を探ると、「任務」という紙っ切れが出てきました。

120109_skyrim_09.jpg

額については了解した。

忠実に私の要求を実行して盗賊のPiyocoに教訓を与えてやることを期待する。
彼女を殺す必要はないが、必要だと判断してもなんの問題もない。

-- ベルグリッテ・バトル・ボーン


どうやらバトル・ボーンが仕掛けてきた刺客のようです。これは、早めに「戦闘中行方不明」をクリアしないと、この先何度も「Fallout3」の「タロン社だあ~」みたいに襲われるのでしょうか。面倒だなあ、もう。



続いて今度はヒルグランドの墓なるものを発見。大きな墓所のような場所で、入り口周辺に置いてあった食べ物などを漁っていると、突然話しかけられびっくり。全く存在感のないこの人は、ゴルディールといい、うちの墓で好き勝手やってる奴がいるからなんとかするのを手伝ってくれと頼んできます。クエスト「古の崇拝」開始。

120109_skyrim_10.jpg
叔母を1人で行かせたという、なんとも情けないゴルディール

墓にいるのはヴァルズ・ヴェランという死霊術師のダークエルフで、ゴルディールの一家とは元々あまり仲が良くなかったそう。それがこじれて、今回、とうとう相手の家の墓で先祖を蘇らせまくるという暴挙に出たとか。

ゴルディールと共に墓の中へ入ると、案の定ドラウグルだらけ。少し進んで叔母だというアグナの死体を発見。だから言わんこっちゃない・・・。先へ進む扉にかんぬきが掛けられているので、回り道をして更に奥へ。それにしても、墓場ばっかり探索している気がするのは気のせい?こんなに墓荒らしばっかりしてて、祟られないのかしら。

120109_skyrim_11.jpg
途中で、「クマがヒント」と言われるところは鎖を引けばOK

奥の祭壇のような場所で、元凶であるヴァルズ・ヴェランを発見。さっそくとっちめてやろうとするも、大量のドラウグルを呼び出し、自分は雲隠れ。
次から次へと襲ってくるドラウグルたちを蹴散らすものの、その傍からまた湧いてくるのでキリがない。このままじゃ、このでかい墓場全ての死体を相手にする羽目になると思い、雑魚はゴルディールとウスガルドさんに任せて、術者のヴァルズを追います。

120109_skyrim_12.jpg
殴っても殴ってもキリがない

乱戦の合間を縫ってちょこまかと逃げ回るヴァルズを追いかけ、タコ殴りにしてようやく一件落着。ゴルディールからは報酬として、ヒルグランドの宝箱の鍵750ゴールドを貰えました。「ここに来るまでに面白そうなものを見かけた」と、意味深なことを言っているのが少し気に掛かりますが。

外へ出る途中の宝箱から、革の開錠術の腕当て(小)や、「使い魔召喚」の呪文の書、魂石などを回収し外へ。これにてクエスト「古の崇拝」完了。なんだかアッサリしたクエストだった・・・。



色々寄り道してしまいましたが、気を取り直してイヴァルステッド目指して進みます。さすが山間部というか、周囲の景色も次々と移り変わり、各所の絶景スポットには思わず立ち止まらずにはいられません。

120109_skyrim_13.jpg
思えば遠くまで来たもんだ

滝つぼのほとりにロストナイフ洞窟の隠れ家という洞窟を見つけたり、その向かいにあるアモル砦で魔術師に襲われたりしますが、それぞれ寄り道していたらいつまで経っても目的地に辿り着けないので、今回は後回し。

120109_skyrim_14.jpg
なんという壮大な滝でしょう

橋の上から滝に見とれていたら、傭兵だと言う武装した女の人に会いました。どこぞやへ任務に向かっているそうなので、説得してその任務を引き受けたはいいものの、クエストにも表示されず、マップポイントが更新されただけ。既にマップポイントは無数に追加されており、どのマップポイントが任務の目的地なのかサッパリわかりません。途方に暮れている横で当人は「何して時間潰そうかしら」とか言ってるし。バカにしてんのか。

120109_skyrim_15.jpg
更に壮大な滝が。ダークウォーター峠というらしい。落ちたら死ぬな

120109_skyrim_16.jpg
ヤギや兎を追いかけていたらあっという間に道を外れて迷子に。ここはどこ

120109_skyrim_17.jpg
先ほどのダークウォーター峠の滝の上部とおぼしき場所へやってきました

この辺りは少し標高が高くなってきたせいか、木々は見事に紅葉し、渓流のせせらぎに癒されます。いやあ、ここで食べるお弁当は最高だろうな。ついでに温泉でもあれば、もう最高。
などとピクニック気分でいたら、突然サーベルキャットに襲われ仰天。

120109_skyrim_18.jpg
天下一の猫パンチ

なんとか撃退したものの、直後にトロールに出くわしたりと、さすが山間部、植生だけでなく動物の生態系もワイルドなようで。
どんどん激流に変わってゆく川沿いに上って行くと、だんだん周囲が薄暗くなってきました。更に進むと橋があり、たもとに人影が。イヴァルステッド到着です。

120109_skyrim_19.jpg
ニワトリとたわむれグラインダーを回す。意味はやっぱりわからない

イヴァルステッドは、グレイビアードが住む山腹の修道院、ハイ・フロスガーのふもとにある小さな村で、リバーウッドよりも更に寂しい感じ。標高が高い辺鄙な立地で、ハイ・フロスガーを目指す物好きな巡礼者ぐらいしか寄り付かないのも理由かもしれません。

それというのも、ハイ・フロスガーに行くには七千階段と呼ばれる長い道のりを登らなければならず、かなりの体力を強いられるよう。橋のたもとで最初に会ったクリメクからは、グレイビアードへ届ける供物を代わりに運んで欲しいと頼まれました。

120109_skyrim_20.jpg
どうせついでだし、荷物ぐらい届けましょ

グレイビアードたちはイヴァルステッドの村の人たちとも、たまに供物を享受する程度で親交はなく、山の上から雷雲のような音が聞こえるだ、声だけで人を殺せるから喋らないだとか、様々な噂が飛び交っています。よほど人嫌いなのか、俗世離れした連中なのでしょう。


テンバ・ワイド・アームという女性からは、クマが商売物の木を荒らして困っているから、クマの毛皮を10枚集めてきたら報酬を出すと頼まれます。さっそく村の近くでクマを狩っていると、ハニーストランド洞窟を発見。周囲にハチの巣がたくさんあるのが目印です。中は狭く、クマが2頭いるだけ。なんだ、ただのクマの巣か。

120109_skyrim_21.jpg
ハチのいるところにクマあり・・・彼の名は、プーさん?



クマ狩りに飽きてぶらぶらしていると、村はずれに隠匿の炉床墓地なる場所を発見。また墓地ですか。何やら立派な金ピカの扉から、金の匂いを感じたので、中に入ってみます。

120109_skyrim_22.jpg
ゆ、幽霊?!

内部は大して広くもなさそうな、普通の墓地。墓荒らしに邁進していると、「ここから立ち去れ・・・」という声がして、幽霊に遭遇。なんだあれ、とうとう墓荒らししすぎて祟られた?

しかし、幽霊ごときにビビっていたら、墓荒らしは務まりません。気にせず探索を続けるものの、レバーを引いたり鎖を引いたり、炎のトラップがあったりと、規模のわりに妙に仕掛けが凝っていることに気付き。もしかしてここ・・・とんでもないお宝が隠されてたり?

そして、とうとう幽霊の正体に遭遇。

120109_skyrim_23.jpg

幽霊の正体はウィンデリウス・ガサリアンという名の、案の定ただの人(というかエルフ)。実体を消す薬を使って、ここに訪れる人を脅かし追い返していたようです。しかし、何のために、と、ウィンデリウスを倒したあと傍らの日記を拝借。それによると、どうやら莫大なお宝を目当てに、ウィンデリウスはここにずっといたようなのですが・・・肝心のお宝はどこ?

更に進むと、ありました、ブリーク・フォール墓地と同様の回るレリーフと竜の爪の仕掛け扉が。って、爪ないじゃん!爪がなければこの扉を開けることはどうあがいても不可能なので、仕方なく引き返します。

120109_skyrim_24.jpg
この扉を開ける爪はどこに

外に出るともう真っ暗だったので、七千階段を登るのは明日にして、宿を借りようと宿屋へ向かいます。すると主人のウィルヘルムが、近くの墓に亡霊が住み着いて、客足も減って困っている、とぼやいています。もしかしてその亡霊ってこれじゃない?と、先ほどのウィンデリウスの日記を見せると、ぶん取られ(まだ全部読んでなかったのに)、亡霊の正体を暴いたお礼にサファイア・ドラゴンの爪を貰いました。んん?もしやこれって先ほどの扉を開く鍵?・・・今日はもう疲れてるから、明日、ハイ・フロスガーに行ってから行ってみよう。


次のプレイ日記「#9 声の道は雪深く炎に巻かれて」



【現在のステータス】

難易度:Normal
総プレイ時間:24時間59分

ノルド / 女 / レベル15
マジカ:160 体力:170 スタミナ:160
※補正値込み

コンパニオン:不滅のウスガルド

よく使う武器:
オークのメイス(優良)(炎ダメージ10pt)
帝国軍の弓(優良)(冷気ダメージ10pt)
鉄の矢

よく使う魔法:
火炎、アイススパイク、魂縛、治癒

装備:
鋲付きの鎧(上級)(マジカ回復13%UP)
毛皮の腕当て(上級)
毛皮のブーツ(上級)
素人のフード(マジカ30ptUP)
エメラルドの銀の首飾り(炎耐性10%UP)
マジカの指輪(小)(マジカ20ptUP)
帯鉄の盾(上級)





「The Elder Scrolls V: Skyrim」カテゴリの最新記事:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

tag : ゲーム  Xbox360  PS3  Skyrim  RPG  ファンタジー  プレイ日記  Z指定 

このページのトップへ

COMMENT

コメントの投稿

コメントを投稿しようとすると「書き込み制限を受けています」と表示されて投稿できない件について
非公開コメント

このページのトップへ

TRACKBACK


このページのトップへ
GAME RSS
GOOGLE ADSENSE
RECENT ENTRY
GAMING DIARY
HOT ENTRY RANKING
CATEGORY
ARCHIVE
02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
COMMENT+TRACKBACK
CM<>+-
TB <> + -
FACEBOOK PAGE
NEWEST TAG
PROFILE
PICK UP ITEM
NOW PLAYING
コール オブ デューティ ブラックオプスII
SILENT HILL: DOWNPOUR
Borderlands 2
大神 絶景版
バイオハザード6
The Elder Scrolls V: Skyrim
COMING SOON & NEW

2013. 1.17.

DmC Devil May Cry

2013. 2.5.

Dead Space 3

2013. 2.12.

Aliens: Colonial Marines

2013. 2.21.

メタルギア ライジング リベンジェンス

2013. 3.7.

Crysis 3
Farcry 3

2013. 3.14.

God of War: Ascension

2013. 3.21.

Gears of War: Judgment

2013. 4.25.

Bioshock Infinite

2013.

Metro Last Light
地球防衛軍4
AMAZON BEST SELLER
AMAZON SEARCH
RAKUTEN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。