スポンサーサイト

--. --.--.  カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :

このページのトップへ

The Elder Scrolls V: Skyrim プレイ日記#3 失われた金の爪―最初の聖戦

2011. 12.24.  カテゴリ: Xbox360 - The Elder Scrolls V: Skyrim
111224_skyrim_01.jpg

前回のプレイ日記「#2 リバーウッドのニワトリには気をつけろ」
「The Elder Scrolls V: Skyrim」プレイ日記一覧

最近、オープニングの曲が常に頭のなかでリフレインしている「The Elder Scrolls V: Skyrim」。Xboxマーケットプレイスで無料配信されているメイキング動画によると、あの歌の言語はドラゴンの言語で、かつ翻訳してもちゃんと意味があるように作詞されたそうです。道理で何言ってるかサッパリわからないわけですね。

それにしても、ベセスダ製のRPGは、音楽がどれもカッコイイです。「Fallout3」ではラジオの曲の存在感が大きかったですが、オープニングやラジオを切っているときのBGMも、目立たないながらかっこよかったのを思い出します。音楽ってやっぱりゲームの世界観を盛り上げるうえでも大事ですよね。

未プレイの方はネタバレ注意



訪れた町、リバーウッドにて受注したクエスト「金の爪」を進める前に、ラブレター絡みのイザコザをなんとかすることにします。


リバーウッド・トレーダーにいるカミラのところへ行くと、スヴェンが作成した偽の偽の手紙を、「ファエンダルから」と偽って渡す(スヴェンの味方をする)か、スヴェンが偽造したと正直に伝える(ファエンダルの味方をする)か、どちらか選ぶことになります。「実はファエンダルが偽造しようとしたからスヴェンに教えたらコイツも偽造しやがったため、結論としてどちらもオススメの物件ではない」などという選択肢があれば迷わずそれにしたのですが、そういう方向に話を持っていくことは不可能なようなので、迷った挙句、スヴェンの味方をすることにしました。最初に偽造を言い出したのはファエンダルだからね。言いだしっぺが悪い、ということで。

111224_skyrim_02.jpg
近くでよく見てもやっぱり可愛いとは思えないカミラ

スヴェン作の偽造手紙はあらかじめ目を通しておいたのですが、そこまで過激なことが書いてあったわけでもないのに、ブチキレるカミラ。やっぱり種族の違いみたいのに触れていたのが良くなかったんでしょうか。この世界でも、人種差別的なものは根強いようです。

ブチキレたカミラを見届けてから、スヴェンの家へゴー。まだ寝てやがるスヴェンに報告すると、「ご苦労。宿屋に金があるから、チップを払うよ」なんて、どんだけ上から目線なんだ!思わずブン殴ってやりたくなりましたが、会話コマンドを見たら、「ついて来てくれ」の選択肢が。なんと、こんな早々にコンパニオンをゲットすることができるとは!ラッキー!家代わりに、大量に荷物持たせてコキ使ってやるわ。



でもせっかくコンパニオンとして連れ歩けるなら、ファエンダルのほうが強そうだったなあ、だってコイツ、ただの吟遊詩人だし。などと軽く後悔しながら、金の爪を盗んだという山賊のアジト目指して出発。
道中、適当に山を分け入って行ったら巨人に遭遇し、一撃で空高く吹っ飛ばされ死亡したりしながら、山中の小さな砦的な場所へ到着。

111224_skyrim_03.jpg
山を登るとたちまち辺りは雪景色。こんな格好だったら即効風邪ひく

思った通り山賊がわらわらいるので、適当に返り討ちにしつつ塔を登ってみます。コンパニオンはデフォルトで近接武器と弓を装備しているので、遠距離でもガンガン攻撃してくれて大変便利。
塔の屋上で、アッサリ宝箱を発見。うーん、思ったよりアッサリした展開・・・。と思ったら、宝箱の中に金の爪、入ってないじゃない!慌てて周囲をくまなく探すも、やっぱりそれらしきものはなく。マップを開いてよくよく見てみると、どうやらここはただの通りすがりの山賊のアジトだったもよう。・・・まあ、そんな簡単なわけないよね、うん。

111224_skyrim_04.jpg
一応収穫はあった、通りすがりのアジト


少し進むと、岩に布が巻きつけられヒラヒラしており(どうやらこれがダンジョンの目印らしい)、その奥に、今度こそ目的地に違いない、ブリーク・フォール墓地を発見。確かに、これこそ名ありクエストにふさわしいスケール感。やっぱりこうでなくちゃ!

111224_skyrim_05.jpg
墓地の周囲にも山賊がたくさん

外から見ても巨大な墓地施設の中へ入ると、奥にも山賊が火を囲んでたむろっています。傍らで死んでいるスキーヴァーというのはネズミみたいなもんでしょうか。調べるとスキーヴァーの尻尾なるものを入手でき、錬金の材料として使えます。試食するのに凄い抵抗がありますが。


111224_skyrim_07.jpg
山賊を倒したら初めてのレベルアップ。

レベルが上がると、体力マジカスタミナのうちどれかを上げたうえで、スキルポイントを好きなスキルへ割り振ることができます。とりあえず無難に軽装防御20%アップの、「巧みな軽戦士」をチョイス。


墓地というよりは古代遺跡のような内部を進んでゆくと、少し開けた部屋のようなところへ出ました。奥には格子のはまった扉、その手前のレバーの近くには、明らかにトラップにやられたとおぼしき死体。左側にはレリーフの彫られた柱が3つあり、こちらは動かせるようです。

111224_skyrim_08.jpg
動かせる柱が3つ並んでいる

柱のレリーフを正しい並び順にして、レバーを引けば扉が開くというありがちな仕掛けであることは誰が見ても明らか。でもどの並び順が正しいのかよくわかんないので、適当に動かしてレバーを引いてみたら、毒矢的なものにヤラレました。・・・本当に死ぬほどのトラップなのか、体を張って試してみたくて。
思ったほど大した傷を負わなかったので、気を取り直し、周囲を見回してみます。すると、レバーの横にひとつ、扉の上にふたつ、柱のレリーフと同じ彫刻があるのを発見。中央が崩れているところを見ると、下に崩れ落ちているのが元は中央にあったのでしょう。

111224_skyrim_09.jpg
なんともわかりやすいヒント

その並び順通り、左から、イルカ(?)、と並べてレバーを引くと、すんなり扉が開きました。うーん、仕掛けの意味があるのかわからないぐらいアッサリ。


111224_skyrim_10.jpg

進んだ奥のテーブルの上で「盗賊」という本を読んだらスリのスキルが上昇。これがスキル本ってやつか。この世界には本が腐るほどあるうえ、ぱっと見どれがスキル本だかわからないので、片っ端から読んで探すのは、なかなか骨が折れそうです。最後まで読まなくとも、本を開いた瞬間にスキル本かどうかわかるのは救い。


更に下層へ降りて行きます。既に人の気配は全くなく、あちらこちらに蜘蛛の巣が増えてきました。突き当たりの通路を塞ぐ分厚い蜘蛛の巣をめちゃくちゃに殴って切り開くと、奥で人の声が。と、とたんに巨大蜘蛛登場!ギエー!また出た!

111224_skyrim_11.jpg
スヴェンさんを囮に後ろから殴りまくる。囮に便利なコンパニオン

「傷ついたフロスト・バイト・スパイダー」という長ったらしいネーミングの巨大蜘蛛を倒し、奥で蜘蛛の巣にがんじがらめになっている韋駄天のアーヴェルとやらに話しかけます。どうやらコイツが金の爪を盗んだ犯人らしい。

111224_skyrim_12.jpg
「あの爪、あの印、物語の間にある扉」などと、意味深なことを話すアーヴェル

とにかく先に金の爪をよこせ、と言ってみたものの、こんなに蜘蛛の巣だらけじゃ動けない、とのたまうアーヴェル。仕方ないので拘束を解いてやると、思った通り全力で逃亡!こちらもダッシュで慌てて追いかけます。

と、霊廟のようなところで立ち止まるアーヴェル。いぶかしげに思ったとたん、周囲の死体が起き上がって襲ってきました。なにこれ、ゾンビ?!ゾンビ?!ゾンビなの??!

111224_skyrim_13.jpg
死体が蘇るのが普通な世界

襲いくる古代人ゾンビもといドラウグルらと乱闘を終え、周囲を見渡すと既にお亡くなりになっているアーヴェルさんの姿が。まあ自業自得だよね、などと思いながら死体を追い剥ぎし、無事金の爪をゲット。よしよし、これで目的は果たしたし、さっさと帰ろう、荷物も重いし。と思ったら、新クエスト目標が出現。「ブリーク・フォール墓地の秘密を突き止める」って、えっと、まだなんか用あったっけ?

さっさと帰りたいのはやまやまですが、まだやることが残っているようなので、しぶしぶ進みます。周囲はずっと霊廟が続き、次々と蘇った死体、ドラウグルたちが襲ってきます。


死体をブン殴り

111224_skyrim_14.jpg


死体をブン殴り

111224_skyrim_15.jpg


死体をブン殴り

111224_skyrim_16.jpg


気が付けば天然の洞窟のようなところへ迷い込んでいました。大丈夫なのかこれ・・・無事に帰れるのだろうか(あくまで早く帰りたい)。


洞窟内で鉄の鉱脈なる場所を発見。近くに落ちているつるはしで採掘すると、鉄の鉱石やアメジストを手に入れることができました。2回ほど掘ると枯渇してしまうようですが、鉱石はインゴットの貴重な材料。見つけたら掘っておくに越したことはありません。

111224_skyrim_17.jpg
鉱脈を掘ったら実績「働き者」が解除されました。なんだかあんまり嬉しくない


他にも光るキノコなどを採取しながら、再び遺跡内へ。突き当たりにはものものしい扉があり、それ以外に進路は見当たりません。扉には中央に手の形をしたくぼみがあり、その周りを円形に囲むように、3つの小さなレリーフが並んでいます。これらのレリーフは回して絵柄を変えることができます。また仕掛け扉か・・・。
ここも先ほどのように、周囲に何かヒントがあるのでは・・・と、周囲を探ってみるもそれらしきものはなく。試しに適当に動かしてみると、どうやら中央のくぼみは金の爪をはめて、ドアノブ代わりに動かすっぽいことが判明。あとは、絵柄の組み合わせですが・・・。

何がなんだか全くわからず、ウロウロしたり適当な組み合わせを試してみたりするものの、全く開きません。参った・・・。何かヒントがないかと、金の爪をまじまじ見ていると、ありました!わかりやす過ぎるヒント!

111224_skyrim_18.jpg
答えは金の爪の掌に

実は先ほど剥ぎ取ったアーヴェルの所持品の中にあった「アーヴェルの日記」を見れば、ヒントがあったのですが、このときは全く忘れていました。偶然見つけられてラッキーというか。ともあれ、金の爪に彫られているとおり、上から、クマトンボ(?)、フクロウ、の順で並べ、見事扉オープン!


中には祭壇のような場所があり、見るからに怪しげな文字が壁で光っています。クエストマーカーがそこを示しているので、整理した荷物を祭壇の上に撒き散らしつつ近寄ってみます。

111224_skyrim_19.jpg

途端に文字から光が放たれ、「力の言葉を習得しました - 力、揺るぎ無き力」というメッセージが。

力の言葉ってなんすかそれ。と思いつつ振り返ると、祭壇の上の棺から強化版ゾンビ、ドラウグル・オーバーロードが仰々しく登場。コイツがここのボスってこと?

111224_skyrim_20.jpg
たとえ中身が吟遊詩人でも、こんなときやっぱり頼りになるコンパニオン

ドラウグル・オーバーロードはスタミナを削る攻撃をしてくるので、回復させようと退避している間にスヴェンさんがあっさり倒してくれちゃいました。嬉しいけどボスのトドメぐらいは主役に譲ってくれても。
オーバーロードの死体を探ると、「ドラゴンストーン」なる、明らかに重要そうな石版を発見。

111224_skyrim_21.jpg
重量25とか重すぎでしょ!

既にスヴェンさん含め、所持品欄はいっぱいでしたが、泣く泣く再び祭壇の上に不要な品々を撒き散らして、持ち帰ることにしました。祭壇の上にゴミを捨てて行くのは気が引けますが、もう持てないんだから仕方ないよね。


拾ったたいまつを手に、奥へ進むとあっさり外に出ることができました。スヴェンさんが見当たらないけど、ファストトラベルしたらきっとついて来るだろう、ということでリバーウッドへファストトラベル。ルーカンに金の爪を返して、無事クエスト「金の爪」完了。サブクエストだとナメてかかっていたら、なんだか思ったより大変な道のりだったのでクタクタです。

111224_skyrim_22.jpg
「これはあるべき場所に戻すつもりだ」と喜ぶルーカン。既に荒らしてしまったことは内緒で・・・


次のプレイ日記「#4 裏口侵入ホワイトラン」





「The Elder Scrolls V: Skyrim」カテゴリの最新記事:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

tag : ゲーム  Xbox360  PS3  Skyrim  RPG  ファンタジー  プレイ日記  Z指定 

このページのトップへ

COMMENT

こんにちは^^
スカイリムも早くやりたいです!
オブリをプレイしてた自分はこのスカイリムが楽しみでしかたなかった!
いよいよ明日から年末年始休みが早くもらえるので買っておいたスカイリムで生活したいw

あ、デッドアイランドやっと買いましたよ!
ご一緒出来る時があったら遊びましょう^^
どれもこれもやりたいので時間がもっと欲しいです!
でも、バイトも今年は終わったので徹夜でゲームしまくりですよw

今年の正月休みはスカイリム漬けな人多そうですよね。
正月が明けても絶対終わってなさそうだけど 苦笑
2月には終わってるのかな・・・ぐらいのボリュームがありそうで、嬉しい時期ですよね!

デッドアイランド、是非是非やりましょー♪
スカイリム中毒でスカイリムばっかやってますが、あっちも進めないと。。

新DLC配信されたので

はじめまして。一年以上前の記事ですが、年末に新DLC配信されたので、スカイリムの世界に戻ってきました。

この墓地の攻略、ファミコン世代の私にはゼルダっぽくて、洋ゲーなのに、懐かしさを感じで一気に引き込まれました(笑)。

これから、記事を全部追って行きます。

はじめまして、コメントありがとうございます^^
そういえばもう1年以上経っていたんですね・・・まだ現在進行形でプレイしているので
(少し離れていた時期もありますが)
この記事を書いたのが、そんなに前のことだと思えません 汗

この墓地を筆頭とした各地の謎解き、確かにゼルダっぽいですねw
日本人に馴染み深い感覚があるところも、スカイリムの魅力のひとつなのかもしれませんね。

記事、既にかなりの量になってきていますが、楽しんで頂けたら幸いです!

コメントの投稿

コメントを投稿しようとすると「書き込み制限を受けています」と表示されて投稿できない件について
非公開コメント

このページのトップへ

TRACKBACK


このページのトップへ
GAME RSS
GOOGLE ADSENSE
RECENT ENTRY
GAMING DIARY
HOT ENTRY RANKING
CATEGORY
ARCHIVE
02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
COMMENT+TRACKBACK
CM<>+-
TB <> + -
FACEBOOK PAGE
NEWEST TAG
PROFILE
PICK UP ITEM
NOW PLAYING
コール オブ デューティ ブラックオプスII
SILENT HILL: DOWNPOUR
Borderlands 2
大神 絶景版
バイオハザード6
The Elder Scrolls V: Skyrim
COMING SOON & NEW

2013. 1.17.

DmC Devil May Cry

2013. 2.5.

Dead Space 3

2013. 2.12.

Aliens: Colonial Marines

2013. 2.21.

メタルギア ライジング リベンジェンス

2013. 3.7.

Crysis 3
Farcry 3

2013. 3.14.

God of War: Ascension

2013. 3.21.

Gears of War: Judgment

2013. 4.25.

Bioshock Infinite

2013.

Metro Last Light
地球防衛軍4
AMAZON BEST SELLER
AMAZON SEARCH
RAKUTEN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。