スポンサーサイト

--. --.--.  カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :

このページのトップへ

Aliens vs Predator デモ版プレイレビュー(プレデターな動画つき)

2010. 02.14.  カテゴリ: Xbox360 - Aliens vs Predator
AVP_demo_100214_01.jpg
まさにエイリアンに食われる瞬間スナップ!ちゃんと口のなかの口がにょーんとして殺られつつも感動。いや、むしろ、エイリアンに殺られること自体が感動です!

いよいよ発売日も明後日2月16日に迫り、プレイするのが待ち遠しい「Aliens vs Predator」。と言っても自分はPLAY-ASIAの無料便(※無料な代わりに到着遅い)で予約しているので、プレイできるのは早くて来週末になりそうです・・・。まあ、今週は新作ラッシュなのでいいんですけどね。

発売に先駆け、2月4日から北米マーケットプレイスでデモ版が配信されています。ただしこれはゴールドメンバー限定だったので、シルバーに解禁された先日2月11日、さっそくダウンロードして遊んでみました。
というわけで、今回は「Aliens vs Predator」デモ版の簡単なプレイレビューと、実際にプレデターでやってみたプレイ動画など。



 
まずこのデモ版なんですが、プレイできるのはオンラインマルチプレイヤー対戦のデスマッチのみ。本編には当然メインとなるシングルキャンペーンや、その他様々な対戦モードがあるらしいので、いきなりデスマッチのみというのが微妙ではあります。しかも操作方法はローディング中にしか確認できないし。

初めてやったときは、何をどうすればいいのかサッパリわからずいきなり殺戮の真っ只中に放り込まれた感じで、かなり戸惑いました。シングルなら色々ボタンを押してみて、操作を確認する余裕もあるのですが、オンライン対戦、しかもデスマッチだと、そうこうしているうちにわけもわからず死亡、なんてことになってしまいます。せめてシングルモードを入れるか、デスマッチでも対CPUで練習できるようにして欲しかった・・・。

マルチプレイ限定だと、マッチングが上手くいかないとなかなかゲームを始められないのも問題です。決してメジャーとは言い難いこのタイトル、ハッキリ言ってそこまで賑わっているとは思えません(少なくともデモをやった限りでは)。デモ版というのは、どんなゲームなのか発売前にちょこっと体験してみることに意味があると思うので、それがなかなか始まらないのでは、気持ちが萎えるのも当然です。
上手くマッチングされてすぐ始まることもありますが、始まらないときは本当始まらない・・・。短気な自分には、少し厳しかったです(苦笑)。もし購入予定のフレンドさんがいたら、誘って遊んだほうが手っ取り早そうです。

また、操作するキャラ(種族)はランダムで決定されるらしく、エイリアンがやってみたいのに海兵隊ばっかりなったりと、完全に運まかせなのも若干不満が。全部で4、5回ほどプレイしましたが、一度プレデターになっただけで、あとは全て海兵隊でした。エイリアンが一番やってみたいのに!エイリアンやらせろよ!(とまたイラつきポイント加算中)


そんなわけで、デモ版の仕様への不満点ばかり挙げてしまいましたが、実際何度かプレイすると、それでもやっぱり面白いというのが正直なところです。

海兵隊モードでは、映画「エイリアン2」を彷彿とさせる武器(赤い数字で残弾数が出るアレ)やレーダー(動きを感知してピコーンピコーンと独特の音を出すアレ)などが登場し、その時点で既に感動
プレデターモードでは体温を感知するビジョンやエイリアンを感知するビジョン、そして透明モードなど、プレデターらしい特殊能力が満載で感動

ただし、これらは「エイリアン」や「プレデター」シリーズ、もしくは映画「エイリアンvsプレデター」のファンならではの感動ポイントだと思うので、それらに思い入れがない人にとっては、逆に独特な操作システムや特殊能力が、慣れるまでは戸惑うかもしれません。(そもそもファン以外の人がどれだけ買うのかって話ですが)
逆にエイリアンやプレデターのファンにとっては、あの世界観を体感できることだけで十分満足!という感じ。殺されることすら感動します(笑)。そういった意味では、世界観を壊さずファンの満足できる出来になっていることは確かなんじゃないでしょうか。それが確認できただけでもデモ版をやった価値はあると思いました。まあ、シングルキャンペーンもやってみなければわかりませんが・・・それは製品版でプレイするのを楽しみにしておきます。


というわけで、プレデターでプレイするチャンスがあったのでプレデターの操作感などをざっくりご紹介。

AVP_demo_100214_02.jpg
ゲームロビー
今回のデモではルールはデスマッチのみ、最大8人まで参加可能。どの種族になるかは完全ランダムで、各種族ごとにキャラクターは1つしか選べません。ただ、各種族ごとにロックされたキャラが5、6パターンほどあったので、実際にはゲームを進めるうちにキャラクターが次々アンロックされる仕様のよう。

デスマッチのルールはひたすら殺し合いをする内容のようで、一定の時間内(今回のデモでは10分間)にどれだけ殺せたかのキル数を競います。リスポンは無限。リスポン間隔はわりと短いように感じました。経験値システムもあるようなので、GoWの対戦のように対戦を重ねるうちにレベルが上がってゆくみたい。

画面左上に自分と、自分と同じ種族の人のキル数が出るんですが、同じ種族同士は味方、ということになるのか結局よくわかりませんでした。海兵隊でプレイしていたときに、同じ海兵隊に殺されたような気が・・・。まあ、チームデスマッチではないので同じ種族だろうが全部敵、というのが普通なのかもしれませんね。ちなみにプレデターでプレイ中に別のプレデターに出くわしたときは、お互いそそくさとその場を立ち去りました(笑)。

プレデターの操作方法(クリックで拡大)
AVP_demo_100214_03.jpg
普通のFPSと違い、人間、プレデター、エイリアンはそれぞれ全く操作方法が異なるので、それぞれの操作を覚えなくてはならないのが結構大変です。特にLB+RBでガードというのが慣れずにちょっと難しかった・・・(これは海兵隊、プレデター共通の操作、エイリアンはやってないので不明)。

AVP_demo_100214_04.jpg
アイテム?残弾?ヘルス?だかを補充してみたり。腕についてるアレもしっかり登場。

プレデターはやっぱり特有の特殊能力がポイントです。中でもYでステルスモード(透明)になれるのが楽しい。ステルスモードでこっそり近付き、倒すというのが戦いのポイントでしょうか。ちなみに、どのボタンで透明になれるのかわかるのに時間がかかったことは内緒。

Bを押すことでビジョンを切り替え可能
AVP_demo_100214_05.jpg
お馴染みサーモグラフィー。熱を感知することで、主に人間に有効

AVP_demo_100214_06.jpg
何て呼ぶのかわからないけど、こちらはエイリアンを感知できるビジョン。エイリアンは黄緑色で表示されます

AVP_demo_100214_07.jpg
バッタリ出会った他のプレデター。こうして見ると、顔の横のレーダーも忠実に再現されているのがわかります。
敵から発見される元になってしまうので、ビジョンはポイントを絞って使うようにしたほうが良さそうです。

AVP_demo_100214_08.jpg
リスポーン待ち。
この間はカメラを自由に動かすことができます。他のキャラが戦闘しているところを客観的に見れるので、結構楽しい。

プレデターでプレイしたプレイ動画↓

[HD] Xbox360 Aliens vs Predator Demo Gameplay (Predator)


初めてなのでかなり下手クソですがご容赦ください・・・。

Aliens vs Predator

 Aliens vs Predator(アジア版)
国内発売は未定
「Aliens vs Predator」カテゴリの最新記事:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

tag : ゲーム  レビュー  Xbox360  AVP  FPS  海外版  ホラー  Z指定  デモ  動画 

このページのトップへ

COMMENT

キャラクターにカーソルあわせてAボタンおせばキャラクター自由に決められますよ(^-^)

あと高いところにいってLTを押しながらA押すとエイリアンとプレデターは飛び回れますよ
ぜひお試しを(・∀・)

私も買いますんでもし時間があるのならお相手お願いしますm(_ _)m

初のカキコです。
体験版はデスマしかないのとマッチングが遅い意外は雰囲気あるし楽しいと感じました。
マッチングは長く待たせておいて、やっと繋がったー!!と思ったら1VS1のタイマンで始まったり・・・
しかし、空気読める人と当たった時の同種間での共闘はオモロー。
やはり製品版はチーデスとCOOPに人気集まるでしょうね。
IGNでは製品版のレビューが10点中、8.5点と高得点!!
キャラ変更の項目で映画AVP2に出てたウルフプレデター、AVP1の頭に傷の付いたグリッドエイリアン、
クイーンのでかくなる前の若いエイリアンが出るようですよ。

連投スイマセン
自分の名前編集しとるうちに間違って送信されてました
ばすてliあんとかよくわかんない事に(汗;
既に製品版入手した人のシングルモードの配信見ましたが、
かなり面白そうでした

>laoさん
ロビーでキャラクターにカーソル合わせてAだと
同種族間でしかキャラが選べなかったと思うのですが
海兵隊→エイリアンみたいに変更できるんでしょうか?

高いところでLT+Aですね!届いたらやってみます^^
タイミングが合えば是非ご一緒しましょう~♪

>Bastianさん
はじめまして、コメントありがとうございます^^

そうですね、今回のデモはデスマッチしかないことと
マッチングが遅い点を除けば、楽しめたと思います。
製品版でどれだけ人が集まるかわかりませんが
オンオフともに、期待できそうで楽しみです!

ウルフプレデター、グリッドエイリアンに若いクイーンですか!
それは楽しみなラインナップw
若いクイーンの性能とかが個人的には気になります。
グリッドエイリアンは対戦のときは目立ちそうですね 笑

コメントの投稿

コメントを投稿しようとすると「書き込み制限を受けています」と表示されて投稿できない件について
非公開コメント

このページのトップへ

TRACKBACK


このページのトップへ
GAME RSS
GOOGLE ADSENSE
RECENT ENTRY
GAMING DIARY
HOT ENTRY RANKING
CATEGORY
ARCHIVE
02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
COMMENT+TRACKBACK
CM<>+-
TB <> + -
FACEBOOK PAGE
NEWEST TAG
PROFILE
PICK UP ITEM
NOW PLAYING
コール オブ デューティ ブラックオプスII
SILENT HILL: DOWNPOUR
Borderlands 2
大神 絶景版
バイオハザード6
The Elder Scrolls V: Skyrim
COMING SOON & NEW

2013. 1.17.

DmC Devil May Cry

2013. 2.5.

Dead Space 3

2013. 2.12.

Aliens: Colonial Marines

2013. 2.21.

メタルギア ライジング リベンジェンス

2013. 3.7.

Crysis 3
Farcry 3

2013. 3.14.

God of War: Ascension

2013. 3.21.

Gears of War: Judgment

2013. 4.25.

Bioshock Infinite

2013.

Metro Last Light
地球防衛軍4
AMAZON BEST SELLER
AMAZON SEARCH
RAKUTEN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。